Airbnb レビュー・評価を上げる方法

本サイトは、
Airbnbのホスト運営をしている方へ、売上アップに役立つ良いレビューの集め方、★の獲得方法を紹介します。
また、今後のAirbnbを考えた戦略的な運用方法もまとめました。



Airbnbの星の仕組み

ゲストは、レビューとして、総合評価とカテゴリ別評価を5段階の星評価でつけることができます。

ゲストが評価できるのは次の項目
  • 総合評価: 泊まった全体の感想。

  • 清潔さ: 清潔で片付いていると感じたかどうか。

  • 正確さ: リスティングページの記述が現実をどの程度正確に反映していたか。

  • コスパ: 料金に釣り合う価値があると感じたかどうか。

  • コミュニケーション: 滞在前・滞在中の連絡がどの程度うまくいったか。

  • 到着: チェックイン・入室はどの程度スムーズだったか。

  • 立地: エリアの雰囲気。


リスティングページ上部に表示される星の数はゲスト全員の評価の平均スコアで、

星の数


下部に表示される星の数はカテゴリ別評価の平均スコアです。



下部に表示される星の数はカテゴリ別評価の平均スコアです。


評価したゲストが1人か2人のうちは誰の評価か大体わかってしまいますので、平均スコアの表示がはじまるのは最低3人から星評価を受けてからになります。





Airbnbのレビュー・星の数と宿泊受注の関係


Airbnbのレビュー・星の数は、ダイレクトに宿泊受注数に影響を与えます。


レビュー・星の数と宿泊受注

グルメ系の口コミサイトで有名な食べログを考えて下さい。



点数の高いお店、いい口コミがあるお店で、食事をしたいと思いませんか?



食べログの場合、平均点数は平均点ではなく、カカクコムが独自のフィルターをかけていたり、ヤラセの口コミ投稿業者がはびこっているため、一概に信頼できるものではありませんが、Airbnbでは評価する人が、宿泊者のみに限られているため、そのレビューの持つ力は、はかり知れません。



金額・立地はもちろんですが、サービスやフォローなど細かいところまで、できる限りのおもてなしをしたいものです。




Airbnbは信頼関係でなりたっている
Airbnbの場合、ホスト・ゲストの相互書き込みが基本です。


Airbnb 信頼関係
      貸す側は、気持ちよく過ごしてもらい、いい評価がもらいたい。
      借りる側は、今後もAirbnbを使い続けるために、問題を起こさないように、いい評価がもらいたい。


      貸す側は、少しでも過去に問題を起こしているような人には泊まってほしくない。
      借りる側は、評判の悪い家には泊まりたくない。



要するに、信頼関係で成り立っているのです。

ということもあって、一般的に、誹謗中傷など悪いレビューが並ぶことはありません。



ゲストはレビューのどこを見ているのか?

先ほど説明したとおり、ゲストからの評価、レビューは、一般的に大差ができくい状況です。



点数を見ても、普通に運営している分には、悪い点は付きません。



では、その中からユーザーはどこを判断基準として、予約を決定するのでしょうか?



そこが、このサイトで一番お伝えしたいポイント!



Airbnbの評価を上げる方法につながるのです。




ゲストになって考えてみよう!

もし、あなたが、都内の宿泊先として、Airbnbを利用するとしたらどのように宿泊先を決定しますか?

  • 場所(駅)検索

  • 金額(安さ)検索



Airbnb検索方法

一般的に、ここで、条件にあった宿泊先を決定することでしょう。

しかし、これが、オーストラリアのキャンベラだったらどうでしょうか?

  • 場所(駅)検索

  • 金額検索
に合わせて、
  • 日本人の口コミ

  • 宿泊者の口コミ

  • もしくは、

  • 旅行だからこそ、金額を度返ししてラグジュアリー感を得られるところ

など、参考にする箇所が増えますよね。


要するに、そこが、ポイントなのです。




Airbnbの今、そして今後の考えた方


海外からの観光客が年々増えています。



それに伴い、Airbnbの稼働率・宿泊率も年々上がっています。




海外からの観光客


国内の観光客もAirbnbを使うようにもなっていますので、宿泊率が上がれば、必然的に売り上げもあがります。



そこで、考えたいことは、客単価のアップです。



今は、需要が多いので、何もしなくても上手に回っているかもしれません。



だからと言って安心してはいけません。



ここで、提案したいことは、1年後、5年後を見越した投資です。






稼働率を100%にする!そして客単価アップを考えませんか?

東京オリンピックに向けて、また、そのあとの万博(予定)も含め、日本へ来る観光客は年々増加が考えられます。



東京オリンピック

だからこそ、稼働率を少しでもアップさせ、合わせて客単価アップが可能なのです。




客単価アップは、単純に、設定金額を思い切って上げる!ということです。




ゲストは、特に海外からのお客様は、何を求めているのでしょうか?





それは値段でしょうか?





海外からのお客様を意識した情報発信

海外からのお客様(ゲスト)の情報源はどこでしょうか?



ガイドブックは定番のアイデムでしょう。



また、最近では、友人からの口コミやSNSから情報収集することも増えました。



口コミ SNS


先ほど、あなたが海外でAirbnbを利用するとしたら?




という項目でも、日本人の口コミやレビューの確認は必須でしょう。




となれば、値段の安心感より、レビューでの安心感は、金額を超越することにもなりうるのです。






具体的にレビュー・★の数を獲得する極意


それでは、具体的に、いいレビューを獲得する、★の数を獲得するテクニックを紹介します。



ここでは、
いいレビューの定義を、ほかの人とは一味違うコメントをもらうというものと考えています。



良かった!感謝します!また、泊まりたいです!



などのレビューは至ることで書かれているので、評価アップにはつながりません。


1


初級編:一味違うレビューは思考を考えるだけでOK!


一味違うレビューを難しく感がる必要はありません。



例えば、


室内が金ピカだったら、誰かに紹介したくなりませんか?





そんな感じで、ほかの人との違いを出せばいいのです。




続く・・・・・。




今後の予定(2017,1,25予定)


初級編:細かいおもてなしが大きな反響も

中級編:ソファやインテリアにこだわるならこっちも・・・

中級編:みんなができていない基本中のサポート①

中級編:みんなができていない基本中のサポート②

上級編:どうせなら、ここまで頑張っちゃえば・・・



▲ページトップに戻る