屋外撮影会であると便利な物

屋外撮影スペース

撮影スペースを選ぶ際に野外を選んだ場合には、あると便利なものがあります。
それは野外用の機材です。
そもそも、撮影スペースには屋内と屋外の二種類があります。


屋内で撮影する時には特別な機材は特に必要ないです。


しかし、野外での撮影会では機材があると便利です。


逆に言うと、屋内用の機材で屋外の撮影を行うと良い写真は撮れません。


野外での撮影で大きな役割を果たすのは野外写真用の撮影照明器具です。


まずバッテリー内蔵型であることが基本です。


電源の無い野外では必須といえるからです。


海でも山でも場所を気にせずに、どこであっても撮影することが可能です。


特に、海の場合は海水がかかって機材が故障しやすいので、必ず防水仕様のものが必要になります。

こういう防水仕様などの専用照明を持っている撮影スタジオは少数しかありませんが、このスタジオはそれらを完備しています。
そのため、どこで撮影会を行ってもクオリティの高い撮影をすることが可能です。






ロケ地としても人気!歴史ある洋風建築撮影スポット

東京には多数の施設があり、観光地としても人気ですが、レトロな町並みから近代的な街並みまで幅広い風景が楽しめるため、撮影スポットとしての魅力もあります。



例えば、東京にある洋風建築の撮影スポットの一つに深川図書館があります。ここは江東区清澄にある施設で、地下鉄の駅から徒歩で10分かからず行ける便利な立地です。



なお、肝心の建物ですが、荘厳さを醸し出しながらも落ち着きと優しさも感じられる色合いとデザインでオシャレさもあります。写真や映像として残す際にも大変見栄えします。改築されましたが、100年以上もの歴史がある建物です。



注目なのは建物だけでなく、建物の前にそびえ立つ立派な木々も見ごたえがあります。木と葉の色と白い建物とのコントラストが大変鮮やかです。


また、建物の内観に関しても魅力的なのが嬉しいところです。存在感のあるユニークな柵と独特の曲線を描く階段とその踊り場で見られる丸みを帯びたオシャレなデザインの窓も注目ポイントです。



魔法のメイクと宣材撮影
宣材撮影は一般の撮影とは異なる点が多いです。


一般人が行うことはほとんどなく、芸能関係者がよく行います。


芸能人自身のアピールや番組の宣伝に用いられる写真の撮影を行います。


それらは芸能事務所がTV関係者や視聴者に向けて公開する場合が多いです。


海などの撮影スペースで撮られたグラビアアイドルの写真をいろいろなところで見かけます。


いろいろなポーズを撮っていることでしょう。


このような宣材撮影で撮った写真はアイドルの写真集だけでなく、番組の宣伝活動にも必要不可欠です。


撮影スペースでの撮影はプロのメイク担当者が化粧をしてくれます。
撮影の間は担当者が常にそばにおり、水がかかったり、汗でメイクがとれてしまったときには、撮影の途中でも化粧を直してくれるような付随オプションも存在します。


その際、怪我の跡やニキビなどの人にあまり見せたくない箇所はファンデーションやコンシーラなどを塗って目立たないように隠しくれます。



OLD AVENUE
ThreeHouse スチール撮影
SALVAGE 美術製作
Paris Mansion 301 スタイリング
NY Street 撮影スペース
Paris Street 撮影ロケーション
Ground Library テレビドラマ・映画・雑誌の撮影

目黒の撮影スペース
スタジオEASE(撮影スタジオ・撮影スペース:目黒:東京)

最新記事