糖ダウン!高めの血糖値が気になる方へ

血糖値が気になる私がはじめた”糖ダウン”

テレビCMでも見かけるようになった”アラプラス 糖ダウン”。

郷ひろみさんのCMでもおなじみですね。


その実力は
食後血糖値の上昇を穏やかにすることが臨床実験でも明らかの「機能性表示食品」です。

糖ダウン

独自成分「ALA:5-アミノレブリン酸リン酸塩」が吸収した糖をエネルギーに変え、カラダに糖を溜めない!!
血糖値が気になる方、また、糖尿病予備軍の方にオススメです。

糖ダウン 公式サイト
>>糖ダウンの口コミはこちらから<<





管理人挨拶

banner 61才にして糖尿病と診断されました。

糖尿病は、治せる病気とも最近は言われています。

糖尿病に関する基礎知識、食事療法、運動治療、合併症などをブログと共に配信しています。

糖尿病とは

血液中のブドウ糖(血糖)が多くなりすぎた高血糖状態が長く続く病気。

インスリンというホルモンの量が不足したり、働きが悪くなって、ブドウ糖とのバランスが崩れると血糖値が上がる。

ブドウ糖とインスリンの作用とが上手くバランスが取れれば、血糖値は正常に保たれる。

インスリンはすい臓から分泌される。

糖尿病患者は、インスリン分泌が低下したり、インスリンの働きが悪くなっているために、高血糖状態になっている。


糖尿病の健康管理のためにサプリメントを使用

糖尿病は、代謝に影響を及ぼすこともあるリスクの高い慢性疾患です。

現在、数百万人もの多くの方が糖尿病を患っており、適切な処置を行いながら改善に努めています。

ドクターの管理のもと、適切な体重管理や健康的な生活習慣、合併症の予防など健康管理が必要になります。

最も手軽にできる糖尿病の健康管理の方法がサプリメントを愛飲することです。

2型糖尿病では、健康管理が欠かせません。

サプリメントを使用している方の半数近くが健康意識の向上に役立つと答えており、カルシウムなど食事で足りない栄養素を手軽に補える点など多くのメリットがあります。

栄養素をバランス良く補うことが健康的な身体を維持していくには欠かせませんが、多様な食品を組み合わせなければならず日々忙しく生活している方では毎日上手にコントロールするにはサプリメントが欠かせません。

食物繊維や抗酸化ビタミン、カルシウムやマグネシウムなど必要な栄養素を効率よく補えるのも嬉しい点です。


糖尿病サプリメントについての解説

糖尿病は、インスリンというホルモンの作用不足によって、慢性的に高血糖になっている疾患です。
現在日本では、何百万人という数の人々がこの病気を患っている状態にあります。

 そんな病気を改善するために、効果が期待されている方法に、サプリメントがあります。今回は、その糖尿病サプリメントについて解説します。

 糖尿病は血糖値が高いことが問題としてあげられますので、その血糖値をうまくコントロールすることが必要になります。
そこで、サプリメントを摂取することによって、その血糖値を下げることが期待されているのです。その成分の多くは、自然界に存在する物から成分を抽出して作られています。まだ研究中の部分も多く、科学的に効果が実証されているわけではありませんが、今後研究が進むことで効果が期待されるものであります。また、糖尿病の予防としてもその効果が期待されています。
しかし、あくまでも補完的な役割を担うものですので、補助的に利用するのが大切です。


糖尿病検査方法

これはあくまでも私が現在月一回受けている検査の内容である。


①尿採取

②血液採取

③体重測定

④血圧測定

以上の4件である。


体重、血圧はもちろんであるが、血糖値(食後)、HbA1c(ヘモグロビンA1c)、腎症については当日数値を確認、自ら「糖尿病健康手帳」に記入。

残りの総コレステロール、中性脂肪等の数値は次回診察時に結果確認し、これまた自分で同手帳に記入していく。




糖尿病を招くおそれのあるサプリメント

アミノ酸サプリメントや健康食品に含まれている、アミノ酸の一種の「L-システイン」が、膵臓の機能を下げ、インシュリンの働きを阻害して糖尿病を招いたり悪化させるおそれがある、という研究結果が東京大学の研究チームの実験から明らかになっています。


アミノ酸サプリメント L-システインは、髪の毛や爪に含まれているアミノ酸の一種で、シミの原因となるメラニンの生成を抑えたりする美容効果や、二日酔いにも効果があるとされ、サプリメントの成分として使用されています。

研究チームは、2型糖尿病の患者の一部に、血中のシステインが多いことに着目しました。研究結果によると、L-システインを取ることでインシュリンが分泌されにくくなるため、特に糖尿病患者の人は、食事直後にはシステインを摂取しない方がよいかもしれないということです。システインはニンニク・玉ねぎ・ブロッコリー・小麦胚芽などの食べ物にも含まれていますが、食品の場合は多量の成分を摂取できないため問題はありません。
しかし、サプリメントは成分の摂取量が多くなるため、大量に摂取したり長期的に摂取すると、糖尿病を招くリスクが高まるため注意が必要となります。
人間ドックの病院検索「マーソ」の紹介も




糖尿病の予防に効果的なサプリメント
糖尿病によって引き起こされる症状というのは多義にわたります。月経異常、視力障害、立ちくらみや手のしびれ、尿の回数増加などです。

尿の回数が多いのは、体内に大量に含んだブドウ糖を出すためです。必要以上の糖を取ることでこの症状は出てきます。

糖尿病の予防
体内ではインスリンというホルモンがありますが、これは身体の血糖値を下げる役割を担っています。

身体に入ったブドウ糖をエネルギーに変えてくれるという役割もあります。

糖尿病を治すにあたってこのインスリンというホルモンをうまく働かせないといけません。そしてこのホルモンを促す効果のあるサプリメントが善玉コレステロールなどです。

予防のためにも体内に免疫力を高めたほうが身のためです。この善玉コレステロールやアリインなどのサプリメントはこの免疫力を高める効果があります。

しかし、多くの量を服用してしますと、インスリンが減少してしまい、糖尿病をさらに悪化させることもありますので注意しましょう。



妊婦でも無理なくできる体重増加を抑えるダイエット方法

スタイルや体重を気にする女性は多いのですが、妊娠しているときは自分だけの体重を気にするのではなく赤ちゃんに栄養を与えなければなりません。

しかし、体重が増えすぎるのも妊婦にとっては良くなく、つわりが終わったころに食欲が増えるので意識しなければなりません。

妊婦のダイエットは難しく、食事はしっかり食べ、さらに激しい運動はできません。しかし、毎日の生活の中で取り入れられることから始めて体重増加を防がなければなりません。

家にいるときは床の拭き掃除をしたり、外に出て散歩をしてみるなど、軽い運動をすることです。また、食事はバランスよくを心がけ、間食は控えるようにします。自分に合った方法で無理なく行う事が大切です。

妊婦がダイエットをしすぎて痩せていると赤ちゃんが低体重で生まれてきたり、太りすぎると高血圧や妊娠糖尿病などのリスクが高くなります。体重増加には気を付けなければなりませんが、無理をしすぎず体のことを考えて行うようにします。

Copyright(c) 糖ダウン@糖尿病・健康ブログはじめました All Rights Reserved.:Airbnb レビュー・評価を上げる方法