撮影会参加のコツ

撮影会で使うカメラは一眼レフが良いです。

その理由としては、レンズ交換が出来るので撮影エリアが広く取れます。

GW060_L

GW061_L

GW063_L

GW064_L

撮影会参加のコツ

GW175_L

近ければ広角で遠ければ望遠で狙えばよく、臨機応変に対応できるからです。

それと、モデルさんに対してやってます感を自然にアピールでますし、それなりのスタイルで撮影会に参加するほうがまわりに存在感も示すことが出来ますので、撮影スペースも確保しやすくファインダーにいきなり入られることも少なくなります。

撮影時のコツとしては、モデルの位置が固定でも動きのある被写体でもとにかく動き回るのが良い方法です。

撮影をスムースの行うためのルールのようなもので、撮影開始時に「よろしく」などと挨拶から撮り始め、撮り終わったら「ありがと」と 言って、他のカメラマンにそのエリアは譲ってほかに移動します。

仮に気に入ったアングルなのに他のカメラマンがいても、あわてず少し待てば移動しますので撮影スペースは確保できます。

お互いこれを繰り返すことで揉めることもなくスムースに撮影できるわけです。屋外撮影では、光の方向が変わりますのでこの点からも移動して撮影するのが良い方法です。